お風呂でできる骨盤ダイエット

骨格の歪みを改善させる骨盤ダイエットが脚やせに効果的だということは
よく知られています。

しかし定期的に整体院やエステ・マッサージ店に行くことは
時間的にも経済的にも負担が大きくなります。

骨格の歪みを治し脚やせに有効な骨盤ダイエットは、
一日二日で効果が出るものではありませんので、
長く続けることが肝心です。

ですから自宅で行える簡単な脚やせ骨盤ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

骨格の歪みによって足のむくみがひどい人は、
足を伸ばすことも辛く思えることもあるでしょう。

そういった人のためにも
今回はお風呂で行える脚やせ骨盤ダイエットをご紹介します。

浴槽に浸かり体操座りのような姿勢になります。

右足を浴槽のフチに乗せて30秒程度ふくらはぎを伸ばしていきます。

左足も同様に浴槽のフチに乗せて30秒程度ふくらはぎを伸ばしていきましょう。

このときのポイントは背筋を伸ばすことです。

最初はつらく思えるかもしれませんが、
それはむくみにより太ももが凝り固まっているためです。

ですから最初は浴槽に背中をつけて行なってもかまいません。

慣れてきたら両方の手を頭の後ろで組んで背筋を伸ばして
同様の動きをするとむくみだけでなく腹筋も鍛えられます。

手軽にできる骨盤ダイエット

太ももが太い!原因は何でしょうか?

脂肪太りや筋肉の衰えだけではなく、
リンパの流れやホルモンバランスの崩れによって
むくみが生じていることが原因になっていることもあります。

それゆえ脚やせしたいと思っているのであれば
骨格の歪みを解消させることが重要です。

手軽にできる脚やせ骨盤ダイエットで骨格の歪みを解消していきましょう。

手軽にできる脚やせ骨盤ダイエットで用意するのはタオル1枚です。

体を仰向けにした状態でタオルを右足の土踏まずにかけて上に持ち上げます。

左足はまっすぐ伸ばさず立てておきましょう。

この状態から息をゆっくり吐き、足を伸ばしていきます。

太ももの後ろを意識しながら膝の裏をできる限り伸ばしていきましょう。

そして息をゆっくり吸いながら、膝を曲げていきます。

この動きを10回ほど繰り返します。

左足も同様に土踏まずにタオルをかけて伸ばしていきます。

慣れてきたらタオルをかけていない方の足をまっすぐ伸ばして同様の動きを行いましょう。

毎晩この動きを行うことで、骨格の歪みを治し下半身を柔らかくさせます。

骨格の歪み解消させることによって
リンパの流れやむくみを改善させることができるでしょう。

骨盤ダイエットによる脚やせ効果

今年こそは夏までに脚やせを成功させて、
夏のファッションを楽しみたいと思っている人も多くいるでしょう。

その脚やせを妨げるものとして骨格の歪みというのが挙げられます。

骨格の歪みは体に様々な悪影響を及ぼしますし、
特に女性は出産などによって骨盤に歪みが出ていることが多いとされていますので、
是非とも骨格の歪みを治して脚やせを成功させましょう。

最近では、骨格の歪みを解消しながらダイエットするとして、
骨盤ダイエットの人気が高まっています。

骨盤ダイエットとは、骨盤の周りを集中的に鍛えたり整えたりすることで新陳代謝を促し、
足のむくみなどを取り除くというものです。

またジムに行って激しい運動を行うというものではなく、
自宅で気軽に10分ほどの時間を使って実践できることも人気の理由です。

新陳代謝が促されるということで、
脚やせだけでなく肩こりや腰痛にも効果があると言われています。

さらに女性に多い冷え性や生理痛にも有効なものだとされていますので、
是非チャレンジしてみてください。

一日二日で脚やせ効果が見られるわけではありませんが、
長期間続けることによって太りにくい体質へと変えてくれるでしょう。

脚やせと骨格の歪みチェック

女性であればきれいな脚のラインを手に入れて
パンツを格好よく履きこなしたいと思うでしょう。

また最近はアラフォー、アラフィフ世代で
ヒザ上10cm位のスカートを着こなしている女性も珍しくありません。

自分もミニスカートが似合うスタイルを手に入れるために
脚やせにチャレンジするという人も少なくないでしょう。

そういう人は是非とも骨格の歪みをチェックしてみてください。

骨格の歪みというのは新陳代謝を低下させたり
足のむくみの原因になったりしますので、
まずは自分がどのような骨格の歪みを持っているのかを
確かめておくことが重要です。

では、骨格の歪みを確かめる方法をご紹介しましょう。

床に真っすぐ立ち、目を閉じて60歩ほどその場で行進します。

行進ですので、しっかり両腕を動かしましょう。

そして終わったときの自分の足がどこにあるのかで骨格の歪みを確認します。

分かりやすいように、最初の足の位置にテープなどを貼っておくと良いでしょう。

最初の位置より終わった後の足の位置がまっすぐ前方に進んでいる場合は、
下腹部にお肉がつきやすいアヒル型だと言われています。

腹筋力が少ないために、腰に負担がかかりやすくなっています。

そのためアヒル型の中には腰痛で悩んでいる人も少なくありません。

脚やせのためには腹筋を強化する必要があるでしょう。

逆に最初の位置よりも後方に下がってしまっている場合は、
背中部分と太もも部分の筋肉に凝りが見られ、
肩こりや足にむくみが見られやすいネコ型だと言われています。

脚やせのためには、腹筋に加えて背筋も鍛える必要があるでしょう。”

脚やせと骨格の関係

夏にはショートパンツを格好よく履きこなしたいと思っている女性も少なくないですよね。

最近では夏のみならず足を出す洋服が多いので、
いろいろな脚やせにチャレンジした人も多いでしょう。

しかしいろいろな脚やせ方法を行なったけれど、
期待するような効果が得られないという声もよく聞かれます。

そういった場合には骨格の歪みを確認してみてください。

デスクワーク仕事が多い人や、女性であれば出産を経験している人などは
骨盤に歪みを生じている人が多いと言われています。

特に椅子に座るときなどに足を組んでいる人は、骨盤が歪んでいる可能性が高く、
さらに背骨まで歪んでいることがあります。

このように骨格の歪みがある人は下半身にどのような影響を与えているのでしょうか。

骨格の歪みによって正しく筋肉がつきません。

特に骨盤の歪みの場合には体を支えている部分の筋肉が弱まるため、
どんどん下半身に負担がかかりむくみの原因になります。

ですから、どれだけ脚やせのために専用クリームを使ってマッサージしたり
脚やせに効果のある運動を行なっても、
根本的な骨格の歪みを放置してしまうとこのむくみは消えません。

脚やせを望むのであれば、まずは骨格の歪みをチェックしてみましょう。