脚やせと骨格の関係

夏にはショートパンツを格好よく履きこなしたいと思っている女性も少なくないですよね。

最近では夏のみならず足を出す洋服が多いので、
いろいろな脚やせにチャレンジした人も多いでしょう。

しかしいろいろな脚やせ方法を行なったけれど、
期待するような効果が得られないという声もよく聞かれます。

そういった場合には骨格の歪みを確認してみてください。

デスクワーク仕事が多い人や、女性であれば出産を経験している人などは
骨盤に歪みを生じている人が多いと言われています。

特に椅子に座るときなどに足を組んでいる人は、骨盤が歪んでいる可能性が高く、
さらに背骨まで歪んでいることがあります。

このように骨格の歪みがある人は下半身にどのような影響を与えているのでしょうか。

骨格の歪みによって正しく筋肉がつきません。

特に骨盤の歪みの場合には体を支えている部分の筋肉が弱まるため、
どんどん下半身に負担がかかりむくみの原因になります。

ですから、どれだけ脚やせのために専用クリームを使ってマッサージしたり
脚やせに効果のある運動を行なっても、
根本的な骨格の歪みを放置してしまうとこのむくみは消えません。

脚やせを望むのであれば、まずは骨格の歪みをチェックしてみましょう。